ファンデーションに求めるのは、カバー力と保湿力。

※肌に優しいというのは、もはや当たり前。

アトピーの赤みとそばかすを隠せて、かつ乾燥しないことが絶対条件である私が、最近ずっとリピート愛用してるのが、トゥヴェールのパウダーファンデです。

トゥヴェールミネラルパウダリーファンデーションのケースを開いた写真

※下の写真、パフがやたらゴワゴワなんですが、石鹸で何度も洗ったらこうなっただけで、買った時はフワフワです。2way仕様になっていて、もう片面は(洗っても)なめらかです。

仕上がりの良さに加え、ケース込みでも2000円代というお手頃価格。

ロゴマークが透かし彫りのようになってるシャンパンゴールドのケースも、シンプルで高級感があって良い。

 

今までずっと、リキッドファンデ+パウダー派だったんですけど、このファンデでパウダーの良さに目覚めてしまった。

ていうか、パウダー、楽…!

もうリキッドとパウダーの二重塗りに戻るの面倒くさい!!

今まで保湿力を求めるあまり、盲目的にリキッドファンデばかり使ってきたけど、やはり王道のパウダーファンデって便利なもんですねえ。

 

というわけで、今日はトゥヴェールのミネラルパウダリーファンデーションへの愛と、使い方のコツを語ろうと思います。

このファンデすごく気に入ってるんですけど、下地選びを間違えると、まったく使えないので。

(口コミ評価が分かれてるのも、そのせいじゃないかと)

なお、このレビューでは成分や商品特徴にはほとんど触れていないので、商品の詳細については公式HPで確認してね。

トゥヴェールミネラルパウダリーファンデーション公式HPへ≫

トゥヴェール ミネラルパウダリーファンデーションのお気に入りポイント

赤みやそばかすをそこそこ隠せる、適度なカバー力

私、ファンデのカラーは資生堂だとオークル00の色白肌です。

しかし色白ゆえに、アトピーの赤みや頬のそばかす、ニキビ跡などの肌トラブルが目立つんですよ。

よって、ファンデーションにカバー力は必須。

 

トゥヴェールのパウダーファンデは適度にカバー力があり、ちょっとした赤みやそばかすなら、ファンデ単体でも気にならない程度に隠せます。

この「適度な」ってのがポイント。

 

20代の頃は、肌のアラを「カンペキに消す」ってことに躍起になってて、コンシーラーもがっつり塗り込んでました。

でも一度プロのメイクを経験した時に、「そこそこ隠しておけば、他人から見た時に実はそこまで目立ってない(気にしてるのは至近距離で鏡を見ている自分だけ)」ということを教えられ、今はシミそばかすを跡形もなく消し去ることにはこだわってません。

メイクにかかる時間や肌への負担を天秤にかけた時、完全に消すことのメリットって別にそこまで大きくないなー、とも思いまして。

なので、トゥヴェールの不自然な厚塗りにならず、でも赤みやそばかすは目立たなくしてくれる、この適度なカバー力がちょうどいいのです。

普段のメイクにはこれで十分、というかこれがいい。

 

ただ、ちょっとフォーマルなお出かけなど、きっちりメイクに仕上げたい場合はコンシーラーを使います。

私はこれで満足してるので試したことはないんですが、同じトゥヴェールでクリームファンデも出ているので、カバー力を最重視する人は、最初からそっちを使ったほうがいいかもしれない。

 

ちなみにカバー力といえば昔失敗したのが、ミネラルファンデ。

数年前、オンリーミネラルとかベアミネラルとかを筆頭に大流行したあれ。

ブラシでクルクルするだけという簡単さと、付けたまま眠ってもOKという肌への優しさに惹かれて買ってみたんだけど、まったく使いこなせなかった。

 

それはもう、塗っても、塗っても、塗っても、塗っても。

まったくもって何も隠せない。カバーできない。

薄付きどころじゃなく、そもそもこれ何か塗られてる?色とか付いてる?ってレベルで何事も起きず、すっぴんから何も変わらない。

私の使い方が下手だったんだとは思いますが、何度トライしても、ブランドを変えてもダメだったのであきらめました。

 

で、実はトゥヴェールのファンデって、名前が「ミネラルパウダリーファンデーション」といいまして、中身はミネラルファンデなんですよ。

商品が届いた時、当時の思い出が蘇って、また塗っても何も起きなかったらどうしようと一瞬思いましたが、普通にパウダーファンデで、普通にカバー力があって安心しました。

マットになりすぎない自然な仕上がり

万年カサカサ乾燥肌の私にとって、健康的でツヤツヤな肌は、ちょっと憧れ。

しかしメイクが下手&メイクに手間をかけたくないので、基本的にベースメイクはマットな仕上がりになってしまいます。

トゥヴェールのパウダーファンデは、塗りたてこそマットですが、時間とともにさりげなーいツヤが出て、粉っぽさがなくなってくる。

他の人のレビューだと、リキッドに近い仕上がりになると書かれていることが多いですが、私の肌だと皮脂が少なすぎるのか、そこまでのツヤは出ません。

欲を言えば私もリキッドのようなツヤが欲しいですが、ナチュラルさとカバー力のバランスが取れた仕上がりが気に入っています。

ものすごく軽い&乾燥しない

パウダーファンデって肌がつっぱるように乾燥するものが多かったんですが、トゥヴェールは1日付けていても乾燥しないし、肌への負担をまるで感じません。

買ってから気付いたんだけど、これヒト型セラミド4種類も入ってる…!

配合量は微々たるもんだとは思いますが、この値段でヒト型セラミドが入ってるとは思わなかった。

ファンデで潤うとまでは言いませんが、少なくとも乾燥はしません。

 

使用感も非常に軽く、肌への圧迫感がまったくない。

リキッドはどうやったって肌を塗り塞いでしまうので、この開放感のある軽さはパウダーならではだなあと。

リキッド+パウダーでベースメイクしていた時に比べて、メイクによる肌の負担が格段に軽くなった気がします。

紫外線ケアもOK。SPF30で日焼け止め要らず

私はアトピー+色白で日焼けに弱いため、ファンデーションのSPFってけっこう重視してるんですが、トゥヴェールのファンデはSPF30。

SPF1につき15~20分ほど紫外線を防ぐことができるので…

(これ知らない人も多いけど、SPF値は日焼け止めの効果が続く時間を指すものであって、日焼け止め効果の強さとは関係ないよ)

SPF30だと日焼け止め効果があるのは7.5~10時間ほどあるので、朝メイクして夜帰るまで余裕。

普段使いには十分ですな。

 

そんなわけで、適度なカバー力があって、さりげないツヤ感のある自然な仕上がりで、UV対策もOKなトゥヴェールのパウダーファンデーション。

ここまで良いところだけ紹介してきましたが、実は大いなる弱点もあり、使い方を間違えると、仕上がりがかなり汚いことになります。

知らないと悲惨なので、最後にトゥヴェールのファンデを使う時の注意点をば。

トゥヴェール ミネラルパウダリーファンデーションを買う前に知っておくべきこと

ファンデを塗る前の肌状態はサラサラにしておく

トゥヴェールのパウダーファンデを使う時は、肌表面をサラサラに乾かしておくこと。

これ、すごい大事です。

肌に水分や油分が残った状態で使うと、めっちゃムラになり、めっちゃ毛穴落ちする。

こうなると、どれだけ塗り直してもどうにもなりません。

 

特に油分との相性は最悪で、一度日焼け止めの後に使ったら、毛穴クッキリでとんでもないことになりました。

基礎化粧品で油分強めのクリームなんかを使ってる人は、買う前に注意したほうがいいです。

で、HPを見たら、「使用前は肌をサラサラにするのがコツ」って、ちゃんと書いてあるのね…。

メイク前にフィニッシングパウダーやベビーパウダーを使うと、ファンデがきれいに乗るそうです。

相性最高の下地はこれだった

ただ、肌サラサラと保湿力の両立って難しい。

…と思ってたら、最近見つけて、速攻で超絶お気に入りアイテムとなったティモティアの保水バリアクリームが、このファンデと相性最高でした。

ティモティアのクリームについては別記事を読んで欲しいのですが、このクリーム、肌表面が本当にサラサラで、でも保湿力はものすごくて、素肌そのものが底上げされるような使用感なんですよ。

肌表面に水分や油分が残らないので、ティモティアでスキンケアしてからトゥヴェールのファンデを使うと、ムラにならずきれいに仕上がります。

ティモティア保水バリアクリームが良すぎて、アトピーの人みんなに教えたい

2017.04.26

紫外線対策のSPF値はファンデ単体でも十分なので、ティモティアのクリームでスキンケア後、下地類や日焼け止めは何も使わず、そのままトゥヴェールのファンデを塗るというのが、現在の黄金パターン。

日焼け止めを買わなくていいので、コスパ的にも助かってます。

「塗る」じゃなく「乗せる」ほうが綺麗に仕上がる

カバー力を出したくて、ついつい何度も塗り込むようにしてしまいたくなるんですが、このファンデはそれだとあんまり綺麗に決まりません。

塗るんじゃなくて、肌の上に粉を乗せるように、なでるようにしたほうが、ムラなくしっかり付きます。

最初のうちは、カバー力を出そうと2wayスポンジのなめらかな面で塗り込むように塗っていたのですが、フワフワ面で粉を乗せるようにしたほうが、全体的にトーンが整い、綺麗に仕上がりました。

色選びについて

最後に、色選びについて。

トゥヴェールのファンデーションは、ベージュオークル(暗め)、オークル(標準)、ライトオークル(標準より明るい)、ライトナチュラル(色白)の4色展開。

私は資生堂でオークル00じゃないと合わない色白肌ですが、初めてのファンデで白浮きはヤダなあと思い、初回はライトオークルを購入しました。

でも、ライトオークルだと私の肌には少し暗く、ちょっと塗ってる感あり。

リピート時に1番明るいライトナチュラルに色変更したところ、自然になじみました。

なお、私は面倒なのでやりませんでしたが、購入後30日以内なら、100円+郵送代実費で色交換も対応してくれます。

 

以上、トゥヴェールのミネラルパウダリーファンデーションのレビューでした。

肌への負担の少なさ、ほどほどにカバー力のある自然な仕上がりを重視する乾燥肌・敏感肌の人には、かなりおすすめのファンデです。

成分や特徴などの商品詳細は、トゥヴェールの公式HPで見てみてください。

トゥヴェールミネラルパウダリーファンデーション公式HPへ≫



アトピーの人はみんな一度試すべき!ティモティア保水バリアクリームの500円サンプル

初めて「一生使いたい化粧品」と思わされた保湿クリーム。

液晶セラミドという特殊なヒト型セラミドを配合していて、塗るというより肌の一部として吸収されるような使用感です。

500円お試しサンプルがあるので、アトピーの乾燥や敏感肌の人は、ぜひ一度使ってみてください。私は化粧水なしで、これ1つでスキンケアを済ませています。