優秀な保湿剤であるヒルドイドですが、処方薬なので病院に行かないともらえません。

私は軽度のアトピーだけど、ここ10年くらいは保湿でほぼ肌状態をコントロールできてるので、年に何度か、湿疹が重症化してステロイドがないと治らない時くらいしか皮膚科には行かない。

だから、手持ちのヒルドイドがなくなった時、ヒルドイドのためだけに皮膚科に行くのが面倒なわけですよ。

 

ヒルドイドは処方箋が必要な処方薬なので市販はされてません。

でも、ヒルドイドと同じ、ヘパリン類似物質が配合されたクリームやローションなら市販されてるので、それを全部まとめてみました。

陰湿的に調べたので、今現在販売されている商品については網羅したと思う。

美容目的でヒルドイドを使ってみたいという人も、よければ参考にしてくださいませ。

※掲載順には特に意味はありません。意外とたくさんあってページが長くなったので、気になる商品は目次から商品名をクリックしてジャンプしてください。

顔用のヘパリン類似物質配合商品

Saiki 保水治療ローション・保水治療乳液(小林製薬)

化粧水さえしみる乾燥肌へ、という触れ込みの小林製薬の保湿ケアライン。

ローションと乳液があり、いかにもスキンケア商品っぽい見た目といい、基礎化粧品として顔に使うことを推している雰囲気ですが、化粧品ではなく第2類医薬品の扱いです。

 

ヘパリン類似物質の配合濃度は、ヒルドイドと同じ0.3%。

抗炎症成分であるグリチルリチン酸ジカリウムとアラントインも入ってるので、炎症やニキビにも有効だと思われます。

某有名口コミサイトの評価を見たところ、即効で高い保湿力を実感できるということで評判は上々のよう。

使用感はヒルドイドローションをもう少しサラッとさせたような感じらしいです。

なお、医薬品、医薬部外品、薬用などの違いが曖昧な人も多いと思うんですが、医薬品は治療、医薬部外品は予防、化粧品は美容を目的としたもので…

医薬品第1類>医薬品第2類>医薬品第3類>医薬部外品(薬用も同じ意味)>化粧品

の順に効果が強く、リスクもこの順に高い。

第2類医薬品であるSaikiは、分類としては市販の風邪薬とか胃腸薬と同じ、「薬」の扱いってことですね。

 

成分的には長期間使っても特に問題はなさそうですが、一応継続使用について小林製薬に問い合わせてみたところ、「Saikiは医薬品なので、まずは5~6日間使って効果があるかを確認し、良ければ乾燥などの症状が治まるまで継続。症状が改善したら使うのをやめて通常のスキンケアに戻してね。」という旨の回答をもらいました。

基礎化粧品っぽい売り方をしてますが、化粧品としてではなく、乾燥の応急処置や集中ケア的に使う商品ってことみたいです。

ヒルドイドを切らしたけど、湿疹は出てないし皮膚科に行くほどでもないって時に使えそう。

ヘパソフト薬用顔ローション(ロート製薬)

わざわざ顔用と銘打った、薬用化粧水。

有効成分はSaikiと同じ、ヘパリン類似物質、グリチルリチン酸ジカリウム、アラントインの3つですが、ヘパソフトはより効果が穏やかな医薬部外品です。

価格的にもSaikiより安いので、毎日のスキンケア用にヘパリン類似物質配合の商品を探しているという人にいいかも。

 

ヘパソフトのベースは微細化したワセリンで、化粧水というよりは乳液に近いテクスチャーです。

化粧水や乳液として手持ちのコスメと使う以外に、これ単品でオールインワンとして使ってもいいらしい。

ヘパリン類似物質+ワセリンって、まさにアトピー用って感じ。

ボディ・全身用のヘパリン類似物質配合商品

ヘパソフトプラス(ロート製薬)

ヘパソフトシリーズの保湿クリームで、こちらは第2類医薬品。

ヘパリン類似物質の濃度はヒルドイドと同じ0.3%。

この他に皮膚の修復作用があるパンテノール、かゆみ止め成分であるジフェンヒドラミンとクロタミトンが配合された、かゆみを伴う乾燥肌用の保湿剤です。

昔はヘパソフトクリームという商品名でしたが、2015年にリニューアルされて名前が変わり、肌の修復成分とかゆみ止め成分が新たに追加されました。

 

かゆみ止めに重点を置いたクリームなので、冬場なんかにボディが乾燥してかゆくなるという時におすすめ。

ただ、かゆみを通り越して湿疹が出てしまった場合はどうにもならないので、あくまでも乾燥によるかゆみや粉吹きの予防として使いましょう。

ヘパリペア(ロート製薬)

こちらもロート製薬から出ている、ヘパリン類似物質0.3%配合で第2類医薬品のボディローション。

テクスチャー的にはローションというよりボディミルクって感じです。

 

ヘパソフトプラスとの違いは、値段とテクスチャーと有効成分。

ヘパリペアは150mlで3000円程度とヘパソフトより高く、有効成分はヘパリン類似物質とビタミンA油。

ビタミンAの効果効能は「肌のターンオーバーに働きかけて、荒れ肌をなめらかに整える」。

テクスチャーは乳液状で、ボディ広範囲に使うなら、ヘパソフトプラスよりこちらのほうが使いやすいです。

フェルゼア ヘパキュアクリーム(資生堂薬品)

資生堂のかきこわし乾燥肌治療薬で、第2類医薬品。

フェルゼアは尿素配合のイメージがありますが、これは尿素は入っていません。

ヘパリン類似物質0.3%の他、抗炎症成分のアラントイン、かゆみ止め成分のジフェンヒドラミン、血行促進成分トコフェロール酢酸エステルの計4つの有効成分配合です。

コンセプトはロート製薬のヘパソフトプラスと同じで、ヘパリン類似物質とジフェンヒドラミンが配合されている点も同じ。

私は使ったことないのですが、口コミを見る限りはヘパソフトプラスと似たような使用感のようです。

さすが資生堂なだけあって、パッケージはヘパキュアのほうが断然シャレオツ。

HPローション・HPクリーム(ノバルティスファーマ)

医薬品第2類のローションとクリームで、有効成分はヘパリン類似物質のみ。

ヘパリン類似物質の濃度はヒルドイドと同じ0.3%です。

その他の有効成分が配合されていないので、シンプルにヘパリン類似物質の恩恵にあやかりたい人や、保湿効果だけを求めてる人に良いと思われ。

 

ローションのほうは、とろみのある透明な化粧水。

ボトルが小さいので割高に悪そうに見えますが、1回の使用量は顔なら数滴で済むので、他の商品と比べてもコスパは悪くありません。

 

クリームのほうは、伸びがよくクリームと乳液の中間くらいの柔らかいテクスチャー。

ヒルドイドクリームやヒルドイドソフト軟膏に比べると、かなりサラッと軽い使用感です。

化粧品としての派手さや面白みはないですが(医薬品だしね)、ヒルドイドが重く感じる、保湿力は欲しいけどさっぱりめの使用感が好みだという人におすすめのライン。

ピアソンHPローション・ピアソンHPクリーム(新新薬品工業)

ヒルドイドを思わせるピンクのパッケージが目印の、ピアソンHPシリーズ。

ローション・クリームとも第2類医薬品で、ヘパリン類似物質の配合濃度はヒルドイドと同じ0.3%。

ノバルティスファーマのHPシリーズ同様、有効成分はヘパリン類似物質のみで、使用感もヒルドイドによく似ているので、ヒルドイドの代用品に良いですよ。

マーカムHPローション・マーカムHPクリーム(新新薬品工業)

ピアソンHPと同じ会社から出ている、やっぱり同じヘパリン類似物質0.3%のシリーズ。

正直、何が違うのかよくわからんのですが、マーカムHPは他のヘパリン類似物質配合商品より安価で売られていることが多いので、ヒルドイドの市販品で、とにかく安いのが欲しいという人におすすめします。

傷跡を治す用のヘパリン類似物質配合薬

アットノン(小林製薬)

傷跡を治す薬として大ヒットしたアットノンですが、実はこれの有効成分がヘパリン類似物質です。

配合濃度もヒルドイドと同じ0.3%。

ちなみに、ヘパリン類似物質が傷跡を消せるのは、血行促進作用で傷跡部分のターンオーバーを促し保湿効果で硬くなった傷跡の柔軟性を取り戻すという仕組みから。

 

小林製薬のHPを見たら、透明ジェルタイプ、クリームタイプ、コンシーラータイプ、ローションタイプと4つも種類があった。

塗り薬として売られているので、容量が少なくて保湿剤としての使用には向きませんが、市販のヘパリン類似物質配合商品ということで、一応紹介しておきます。

エプールHPクリーム・トフラックスHPクリーム(万協製薬)

アットノンと同じく、ヘパリン類似物質0.3%配合の傷跡用塗り薬。

アットノンよりちょっと安いです。

エプールHPは通販で買えるけど、トフラックスHPのほうは見つからず。

ノンアフターHPクリーム(奥田製薬)

これもアットノンよりちょっと安いよ。

ヘパリン類似物質0.3%配合。

エルモディアHPゲル(マエダ薬品商事)

アットノンよりちょっと安いよ!

販売終了商品

メディケアネクストクリーム(森下仁丹)
キンカンHPローション(金冠堂)

海外製のヘパリン類似物質配合商品

ヒルドイドは海外でも使われていて、ヒルドイドフォルテというシリーズのクリームとジェルは、個人輸入代行の通販サイトで購入が可能です。

商品説明を見るとトルコでの適応とあるので、トルコで処方されているものっぽい。

でもメーカーは「DAIIHI SANKYO EUROPE GmbH」となっていて、日本の第一三共のグループ会社。

個人輸入って不安がありますが、日本のメーカーだってだけで、ぐっと安心感出ますね。

 

そんでもって最大の特徴は、ヘパリン類似物質の配合濃度が、国内向けの0.3%よりも高い、0.445%であること。

この濃度のものは日本では処方も市販もされていません。

私は使ったことはないんですが、テクスチャー、保湿力、傷跡への効果等、評価はかなり高いようです。

個人輸入代行サイトのリンクを貼っておくので、詳しくはそちらを確認のうえ、自己責任でご利用ください。

両方合わせて500件以上のレビューがあるので、参考になると思います。

ジェルのほうは梨花が愛用してることで有名になったらしいよ。

ヒルドイドフォルテクリーム(第一三共ヨーロッパ)


ヒルドイドフォルテクリームの個人輸入代行サイトへ≫

ヒルドイドフォルテジェル(第一三共ヨーロッパ)


ヒルドイドフォルテジェルの個人輸入代行サイトへ≫




アトピーの人はみんな一度試すべき!ティモティア保水バリアクリームの500円サンプル

初めて「一生使いたい化粧品」と思わされた保湿クリーム。

液晶セラミドという特殊なヒト型セラミドを配合していて、塗るというより肌の一部として吸収されるような使用感です。

500円お試しサンプルがあるので、アトピーの乾燥や敏感肌の人は、ぜひ一度使ってみてください。私は化粧水なしで、これ1つでスキンケアを済ませています。